嫌がらせ対策web ホーム

嫌がらせ対策web

 

嫌がらせ対策webでは、現代の様々な嫌がらせを紹介し、その対策、相談窓口などをご紹介しています。「嫌がらせ」とは定義があいまいで受け取る方によって様々な手口、状況が浮かぶと思いますが、このサイトでは、被害者が不快感をうけるもの、身体的・精神的につよいストレスを感じるもの、それによって事件や事故に繋がってしまう可能性があるもの全てを取り扱っています。

嫌がらせの手口、目的は多岐に渡ります。英語のハラスメントとは、直訳すると嫌がらせのことですが、このハラスメントとして認知されているものでも、「セクハラ(セクシャルハラスメント)」、「パワハラ(パワーハラスメント)」、「モラハラ(モラルハラスメント)」、「スモハラ(スモークハラスメント)」、「ドクハラ(ドクターハラスメント)」、「アカハラ(アカデミックハラスメント)」など様々なハラスメントがあります。一つの嫌がらせ、ハラスメントがそれぞれ独立しているわけではなく、状況によっては、上記が複合して行われる場合があります。

これら「ハラスメント」という用語でくくられる嫌がらせの他にも、毎年多くの逮捕者を出す「ストーカー問題」やゴミや騒音などの隣人とのトラブルも後を立ちません。

またいじめ問題も依然として大きな社会問題となっています。小学校、中学校などでの学校内でのいじめを初め、職員室内や会社などおとなによる陰湿ないじめ問題もあります。

嫌がらせ対策にはそれぞれ個別の対処法があり、一概にこうすればトラブルを解決することができるという方法論があるわけではありませんが、嫌がらせの内容をしり、相談窓口などを知ることで早期に解決を図りたいものです。

嫌がらせ被害を受けて一人で悩む必要はありません。できるだけ早い段階で、各省庁や自治体が用意している窓口に相談したり、信頼できる身近な人に相談したり、費用はかかってしまいますが、探偵などに相談することで、平穏を取り戻しましょう。